旅人宿 ゆう ブログ
 何気ない日々をブログにしました。 旅人からの情報などもあれば掲載したいと思います。
200903<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200905
ひさびさの手ぬぐいゲッター
 久々の手ぬぐいゲッターです。
神戸からお越しの田路さん
 なんと定年までのリフレッシュ休暇をつなげて、27連休とか!
明日の餃子は一緒に楽しみましょう!
09 0430 touji
スポンサーサイト
GWと言えば、行者ニンニク
 GWといえば、行者ニンニク!
そう、たっぷりと入れて熱々の行者ニンニク餃子を食べなくちゃ
はふはふ、じゅわーっと・・・・・

 きょうはさみしくもはったんと二人で山に採りに行きました。
今年からみんな部活や、修学旅行などで子供たちも一緒に行けなくなりまずは視察かたがた、友達や親戚に送る分を確保しました。

 5月1日には餃子パーティーの予定です。
行者ニンニクの画像も、修学旅行のためデジカメ不在で携帯にて撮影しました。

09
米作りその5
 種まき後、すぐにトラクターの準備をして、田起こしに取り掛かりました。
約370枚もある田んぼを4台のトラクターにて約一週間かけて本日無事終了しました。
昨年秋の天気がよかったのと、今春の天気がいいのが重なって、田んぼのかなり乾いた状態でとても作業がしやすかったです。
09 田起こし トラクター
 トラクターの後ろにはロータリーと呼ばれる機械(鉄の爪がたくさんついていて、回転する)を取り付けて、かなり後ろを見ながら作業をします。 そのため片側の首筋がかなりコリました。 笑
09 田起こし トラクター 後ろ
米作りその4
 種をまいてから、10日後
日光を浴び、水や温度管理をして約4センチほどに伸びてきました。
 一枚のポット式苗箱の大きさが30センチ×60センチ
お手伝いに行っている農場ではその箱を57000枚現在育てています。

 いよいよ明日からトラクターにて田んぼお越しの予定です。
09 米 10日目 
米作り その4
 お湯をまいた後には銀色のシートで覆い、保水と保温しておきます。 
09 並べた後のシルバ

 シートをはがして途中でお湯をかけたりしながら、温度管理をしているとおよそ、4,5日で芽が出ます。 だいたい芽が出たら、シートをはずします。 はずしてすぐはもやしのようで、2,3日すると緑色になります。
09 米 5日目 アップ
米作り その3
ナラベールで並べた、苗箱に33,4度ぐらいのお湯をまきます。
ビニールハウスの上からぶら下がっているものは自動冠水(スプリンクラーみたいなもの)
09 並べている ハウス内
お湯はボイラーで沸かしてタンクに作りおきします。
ちなみにタンクは北海道では酪農地区ではよく見る、トラックについているミルクタンクです。
09 お湯のタンク

本日、4月1日に種まきした苗箱は、ほんの少し芽が出てきました。
米作り その2
 昨日はお米の種まきについて書きましたが、その続きです。
種まきを終えた、ポット苗箱は軽トラックに載せられ、ビニールハウスへと運ばれます。
そこで登場するのがその名も「ナラベール」という機械。
電動トロッコにて機械まで運ばれそしてどんどん並べていきます。
80メートルのハウスにおよそ2100枚ぐらい並びます。

09 ナラベール 作業
お米の種まき始まる
 いつもお手伝いに行っている農場では例年通り4月1日より種まき(播種)が始まりました。
この播種機では一時間に約600枚の種まきができます。
 次々と出来上がっていくポット式苗箱をハウスに並べます。

 09 播種
 3月下旬に横浜の実家に帰っておりましたが、桜があまり見れずに残念でしたが、戻ってきてから旭川地区はいい天気が続き暖かめの気温です。

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.